パンと牢獄

パンと牢獄 パンと牢獄
チベット政治犯ドゥンドゥップと妻の亡命ノート
著者:小川真利枝

■判型/総ページ数:四六判ソフト/256p
■定価:本体1,500円+税
■ISBNコード:978-4-420-31088-8
■発売年月日:2020年03月05日

チベット人の真意を映す映画を撮影したことで、中国で囚われ、
獄中で「国際報道自由賞」を受賞したドゥンドゥップ・ワンチェン。
難民となり、道端のパン売りから始め、家族を養いながら、
夫の釈放を待ち続けた妻ラモ・ツォ。
この夫婦と4人の子どもたちの、十年の軌跡を追ったノンフィクション。

2017年12月25日、あるチベット政治犯が、故郷のチベットからスイスを経て米国への亡命に成功した。
このニュースは、ニューヨークタイムズを皮切りに、驚きをもって世界中で報じられた。
男の名はドゥンドゥップ・ワンチェン。2008年、北京五輪開催直前に、
チベット人にインタビューした映画『恐怖を乗り越えて』をつくり、国家分裂扇動罪で懲役6年を宣告された。


作品は世界中で上映され、彼は獄中にいながらにして「国際報道自由賞」を受賞する。
しかし、拷問をふくむ過酷な獄中生活を終えたのちに彼を待っていたのは、軟禁生活だった。
一方、夫の活動について何も知らなかった妻ラモ・ツォは、チベット亡命政府のある
インド・ダラムサラで夫逮捕の知らせを受け取り、難民となった。
読み書きのできなかった彼女は、道端のパン売りから始め、
子どもたち4人とともにしなやかに逞しく生き抜いていく。
家族は、再び共に生きることができるのか――?

チベット文化に魅かれて滞在していたインド・ダラムサラで、
道端でパンを売るラモ・ツォに出会い、
彼女とその家族を十年間追い続けた著者のデビュー作。

●著者プロフィール
小川真利枝(おがわ・まりえ) 
ドキュメンタリー作家。1983年フィリピン生まれ。千葉県で育つ。早稲田大学教育学部卒業。
2007年テレビ番組制作会社に入社、2009年同退社、フリーのディレクターに。
ラジオドキュメンタリー『原爆の惨禍を生き抜いて』(2017)(文化庁芸術祭出品、放送文化基金賞優秀作品賞)
、ドキュメンタリー映画『ラモツォの亡命ノート』(2017)などを制作。 本作が初めての著作。

  • BOOKNAVIへ
  •  
  •  
  •  
  •